スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTT

この会社は説明不要って感じですね。
国内通信会社最大手、天下のNTTです。KDDI、softbank、willcom、CATV事業者…NTTの存在なくして、電話を使うことはできないと言っても過言ではありません。

光=NTTという認識をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
アナログ、デジタル、光回線…いわゆる通信のパイオニアですね。

どこの通信会社もここの基準に乗っ取ってサービスを提供してます。
本家本元だけあって、サービス内容は素晴らしいですよ!!
(※値段が高い安いは別として)

正直、ここを選べば間違いない可能性が一番高いですが、メリットやデメリットも存在しますので説明していきますね。

ご参考になれば幸いです。

J:COMを使って複数台でインターネット

インターネットをやる場合、モデムというお弁当箱のような機械をPC付近に置いて、LANケーブルで接続してインターネットへと接続します。

しかし、J:COMのモデムはPC1台までしか接続できないため、複数台一緒にPCを使うことはできません。
じゃ、J:COMだめじゃん!ってことになるでしょうから、その心配は不要。

解決1.ルーターをレンタルする(月額500円程度)
解決2.ルーターを購入する

どちらかで解決します。
ここで注意して頂きたいのは、J:COM NETでは「ハブ」は使えないという点です。

詳しい方は既にお分かりかと思うので理由は割愛しますが、「ルーター」でないといけません。
月に500円払うなら、ぶっちゃけ買ったほうがいいです。

初期設定だけめんどくさいと感じる方もいるかもしれませんが、1度きりなので購入した方が吉。

無線でやりたいのなら、「無線ルーター」
有線でPCをやるなら「有線ルーター」

を購入して下さい。

あと、注意してほしいのは無線でPCをやる場合、ルーターからPCが遠くなればなるほど受信が悪くなるので、速度が不安定になります。
家が鉄骨で頑丈だったりするとなお更です。電波をさえぎりますからね。

←無線ルーター


←有線ルーター

値段は画像をクリックして参考にしてください。

お得プラン


J:COMが一番押しているサービスは、2011現在間違いなくお得プランでしょう。

70チャンネル以上(地デジ・BS・CS含む)+インターネット160M+固定電話で破格の9500円!!

これは筆者も安いと思いますよ。
これだけの充実プランを1万円以下で行うのは、ユーザーにとって嬉しい限りです。

ただ、テレビを観ない方にとっては不要なサービスですので、J:COM TV Mystyleで十分だと思います。

営業マンはお得プランを勧めてきますけどねwww

僕なんかTVを観る時間なんぞほとんどないですし。いや、正直言ってTVの優先順位が低いんですよ。
だた、TVが大好きだし、インターネットも高速通信がいいし、固定電話も安く済ませたい!という方には最高のサービスだと思います。

他社の追随を許さないサービスということだけは、間違いない。。。TVを観ればねwww

ちなみに時間がないけど、TV観たい!と言う方は自分でHDDを買うかJ:COMのHDRをレンタルするのがいいんではないかと思われます。

ただ、J:COMの弱さっつーか、使いづらい点を言えば、STB(セットトップボックス)が使いづらい。

他社よりもね。慣れたらなんてことはないけど、最初は戸惑うかな。
コストパフォーマンスやサービスのバランスを考えると、J:COMは使いやすい通信事業者ですよ。

営業マン次第ってところも大きいですがwww

安易にあまい誘いに乗らないことでっす。

J:COM PHONE

いわずと知れた、通信会社の電話サービス。

NTT加入権電話から番号そのままで他社へ切り替えできるようになって、サービスは激化してます。
J:COMもそのひとつですね。

個人的に「電話を切り替える」という行為自体に拒絶反応がある方は、強烈な営業を数度に渡り受けたことがあるんでしょうwww

はい、僕もその一人ですwww

さて...このJ:COMの電話はいわゆるIP電話に属します。

J:COMはすべて同軸ケーブル(TVの線)を用いてサービスを提供してますので、同軸線で電話も使います。

同軸線と電話機がつながらないため、電話機用のモデムを接続することになりますので、機器がまずひとつ増えます。

この機器は小さいので場所の問題はありませんが、発信できない番号があります。
(0077などのマイラインサービス・ダイヤルQ2・一部ナビダイヤル・電話投票サービスなど)

ただ、現在は携帯やネットも普及しているためほとんど問題はありません。
あと、モデムが付くと言いましたが、こいつは電源が必要なため、停電災害時に電話が使えなくなります。)

まぁ、そもそも携帯電話があるので、正直問題ではありません。

問題があるとすれば、NTTから他社へ切り替えをすると、現在は生きている電話加入権が数年で消滅してしまいます。加入権も正直、現在では価値のあるものではないので、問題になりませんが、営業マンによっては説明しない人間もいるので注意して下さい。

ここまでデメリットを話してきましたが、メリットもありますよ!!

先ずは基本料金が安い。NTT東日本が1760円だとするとJ:COM PHONEは1330円。400円以上差がありますので、ちりもつもれば…ってやつです。

更に、オプションが安い!
よくあるナンバーディスプレー(発信者の番号が電話機に表示)がNTTだと400円に対し、J:COMのオプションはすべて200円。
ナンバー+キャッチホン(通話中に電話が更にかかってくると音で知らせてくれるサービス:NTTだと300円)だと2つで300円なんです。

J:COMでは2つ目のオプションから100円になります。

つまり現在NTTでナンバーディスプレーとキャッチを使っていたとします。
そうすると

基本料金1760円+400円+300円=2460円かかってます。

これをJ:COMでやると
基本料金1330円+200円+100円=1630円となり、IP電話の弱みをクリアできれば、月々800円強お得になります。

要は使いようですね。

IP電話になりますが(電話番号は継続)、固定電話がほとんど稼動しないこの時世で変えない理由はあまりないのかもしれません。

逆に言うと、事業用など業務で電話を使っている場合、IP電話はあまりオススメもできません。
営業マンは、「安くなりますよ!!」と言ってきますが、メリットやデメリットをしっかりと把握し、判断してくださいネ。

J:COM NET

J:COMネットについて説明します。

正直、インターネットを仕事でお使いの方はあまりオススメできません。

NTT光やau光は上り下り共に高速通信となっておりますが、J:COMの光は上りが弱いです。
(※上り=アップロード。こちらから相手にデータを送信すること 下り=ダウンロード。こちらにデータを持ってくること。サイト閲覧はこちらに当たります。)

地域によって通信速の契約は数種類あるようですが、自分が住んでいるところでは
160M・40M・12M・1Mサービスとなってます。

上りは160M契約で10Mとなっているため、ほかの契約では正直辛いですよね。
ただ、上りが弱いからと言ってダメではありません。

J:COMのサービスは他社が有料で行っていることを無料でやってくれてます。
例えば
1.遠隔操作で初期設定をやってくれる
2.ウィルスソフトが無償でついてくる
3.メールアドレス4つまで無料

などなど他にもあるようです。上り以外の観点から見れば、とても優れたサービス。

特にJ:COMではパック料金にしないと割高感を感じる人が多いようなので、できるだけTV・NET・TELの3サービスを併用したほうが経済的に負担が少なくお得です。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

Author:英樹
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。