スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J:COM PHONE

いわずと知れた、通信会社の電話サービス。

NTT加入権電話から番号そのままで他社へ切り替えできるようになって、サービスは激化してます。
J:COMもそのひとつですね。

個人的に「電話を切り替える」という行為自体に拒絶反応がある方は、強烈な営業を数度に渡り受けたことがあるんでしょうwww

はい、僕もその一人ですwww

さて...このJ:COMの電話はいわゆるIP電話に属します。

J:COMはすべて同軸ケーブル(TVの線)を用いてサービスを提供してますので、同軸線で電話も使います。

同軸線と電話機がつながらないため、電話機用のモデムを接続することになりますので、機器がまずひとつ増えます。

この機器は小さいので場所の問題はありませんが、発信できない番号があります。
(0077などのマイラインサービス・ダイヤルQ2・一部ナビダイヤル・電話投票サービスなど)

ただ、現在は携帯やネットも普及しているためほとんど問題はありません。
あと、モデムが付くと言いましたが、こいつは電源が必要なため、停電災害時に電話が使えなくなります。)

まぁ、そもそも携帯電話があるので、正直問題ではありません。

問題があるとすれば、NTTから他社へ切り替えをすると、現在は生きている電話加入権が数年で消滅してしまいます。加入権も正直、現在では価値のあるものではないので、問題になりませんが、営業マンによっては説明しない人間もいるので注意して下さい。

ここまでデメリットを話してきましたが、メリットもありますよ!!

先ずは基本料金が安い。NTT東日本が1760円だとするとJ:COM PHONEは1330円。400円以上差がありますので、ちりもつもれば…ってやつです。

更に、オプションが安い!
よくあるナンバーディスプレー(発信者の番号が電話機に表示)がNTTだと400円に対し、J:COMのオプションはすべて200円。
ナンバー+キャッチホン(通話中に電話が更にかかってくると音で知らせてくれるサービス:NTTだと300円)だと2つで300円なんです。

J:COMでは2つ目のオプションから100円になります。

つまり現在NTTでナンバーディスプレーとキャッチを使っていたとします。
そうすると

基本料金1760円+400円+300円=2460円かかってます。

これをJ:COMでやると
基本料金1330円+200円+100円=1630円となり、IP電話の弱みをクリアできれば、月々800円強お得になります。

要は使いようですね。

IP電話になりますが(電話番号は継続)、固定電話がほとんど稼動しないこの時世で変えない理由はあまりないのかもしれません。

逆に言うと、事業用など業務で電話を使っている場合、IP電話はあまりオススメもできません。
営業マンは、「安くなりますよ!!」と言ってきますが、メリットやデメリットをしっかりと把握し、判断してくださいネ。
スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

英樹

Author:英樹
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。